加入前に資料請求

今後は保険会社ではなくFPに保険相談

保険に加入をするのは従来であれば、保険会社に直接資料を請求をする、保険外交員からの勧誘や、電話勧誘などでしたが近い将来保険に加入をするのは、まずファイナンシャルプランナーに保険相談をしてから加入をするのが主流になっていきます。現にアメリカではFPに保険相談するのが主流になっています。まずファイナンシャルプランナーに保険相談をするメリットは、ライフプランに沿った保険商品を提案してもらえることです。これが、直接保険会社に保険相談をした場合だと自社の商品の中から提案されるのが当然です。それだと、保険商品ひとつですべてのカバーできるわけではありませんので、保障内容に応じて各社の保険を組み合わせるという提案もしてもらうことができるのです。

保険相談の注意すべき点は、一度しか保険相談をしないことです。中立的な立場のファイナンシャルプランナーに相談をすることができますので、そのときには最適な保険プランを提案してもらうことができます。ただし、そのとき最適なプランなのです。つまり、家族構成が変化したり収入状況が変化したりするとなると必要な保障内容や保障額、保障期間もそれぞれ変わってくるのです。つまり、最初に加入した保険で一生カバーできるとは限らないのです。そういった変化の都度に保険見直しをして時代情勢に合わせた最新の保険の保障内容で準備をしておく必要があります。目安としては、医療保険などは医療の進歩で変わりやすいですので3年に1回くらいのペースで見直しをします。